unnamed-file-21

西洋医学の角度

長期の立ち上がりは足底の過度の緊張、足の構造異常(例えば、扁平足、高弓足または長短脚、足アキレス腱の短すぎるなど)、骨に取り付された靭帯の受け渡し位置の問題など、足底の筋膜の引き金が異常になり、炎症を引き起こす

中国医学の角度

腎虚、寒湿の閉塞、湿潤熱賭けは、血液ブロックなどを引き起こし、腎臓気は調整しないか、または慢性的な冷気環境と高い年数で緊張しやすい。 足底筋膜が緊張すると痛みを引き起こす。

臨床症状

最初に現れたのはかかとの痛みだったが,日積月の疲れは悪化し,朝起きてかかとの第一歩が上がるとひどく痛み,歩いて数分後には痛みが徐々に衰えていく。

一部の人々は、足底筋膜の慢性炎症のために無視し、足底のかかとに骨過形成、すなわち「生骨刺し」を生じ、痛みによる生活の質に深刻な影響を与える。

1日3分間の小さな運動で症状を和らします

片足で立つ:片足で立って、各側に30秒間立って、体のバランスを保ちます。

ストレッチふくらはぎ:ふくらはぎは斜板に配置され、脚はまっすぐで、体は前傾し、襟のふくらはぎの筋肉は引っ張り、各側面は30秒間行います。

アキレス腱を伸ばす:ふくらはぎを斜板に置き、膝を曲げ、体を前傾し、襟付きふくらはぎの筋肉を引っ張って、両側に30秒間行います。

0