世界保健機関(WHO)は、歯の健康を人間の健康の10の基準の1つとして特定し、歯周病が心臓病、糖尿病、呼吸器疾患、妊娠合併症などに関連していることを示す研究が増えています。 このことから、口腔の健康は非常に重要です

良い口腔ケアは、あなたが健康的な歯を持っているので、あなたが食べると話すとき、あなたはスムーズに、不健康な口が体に影響を与え、黄色の歯の虫歯のために顔値を引っ張らないので、明るく感じることができます。 しかし、実生活では、私たちの多くは、身体の他の臓器よりも口腔の健康にはるかに注意を払っていますが、口腔の健康に対する認識には一定の誤解があります。

誤解1:歯痛は医者のことを思い出す

歯痛は人命に悪い病気ではないが、実際には多くの口腔疾患の初期に明らかな症状がない。 例えば、歯周病は、初期の歯磨きや出血症状しか持っておろし、多くの人々は、歯茎が後退し、歯の隙間が広がり、歯が緩むまで、歯周病が後期に発展したことを知る前に、いくつかの熱いお茶を飲む「火」であると考えました。

したがって、口腔内の小さな問題は、自分の注意を引き付けるか、プロの医療機関で検査し、治療し、通常、定期的に口腔健康診断を受ける必要があります。

誤解2:月座って歯を磨かない

女性の生産後、体内のホルモンレベルは、完全に回復するために一定の時間を必要とし、妊娠中の栄養が十分であり、運動が減少し、口がうっ血しやすく、また、月産中に砂糖、高タンパク食品を大量に食べる。 時間内に洗浄しないと、これらの食品残基は細菌を繁殖させやすく、歯肉炎、歯周病、その他の口腔疾患を発症し、重症者は母体の回復に影響を与える可能性がある。 したがって、「座って月をブラッシングする」には、十分な注意を払う必要があります。

誤解3:歯は年齢のせいではありません

人体のどの器官も成熟すると老化し,歯も例外ではなく,年長者の消化器系などの生理機能も劣化し,定期的な口腔健康診断が必要である。 歯を保護すると、口腔疾患による老年合併症を減らすことが可能です。

誤解4:親知らずは引き抜かれることができない

民衆の噂:親知らずは人の根を表し、親知らずを抜いて神経を損傷し、愚かにする。 実際には、この声明は非科学的であり、親知らずは、最終的に成長した歯だけでなく、口の最も深い、喉に最も近い、食べるときに便利ではありません。 親知らずは除去すべきではなく、親知らずの成長と発芽位置を観察し、歯肉、歯槽骨、または前方の虫歯によってブロックされるかどうかを観察し、親知らずの成長が妨げられていると見なされた場合は、除去を推奨します。

誤解5:虫歯のため、歯が痛い

歯の痛みは、食べるときに硬い物に噛まれて割れ、神経の露出を引き起こす可能性があります。 歯科医による検査は、問題を解決するためにブッシングをセットする必要があります。

誤解6:歯を磨くのは怒っているから

歯の研削は、夜のスリリングな戦闘テレビを見て、寝る前に遊び過ぎ、精神的緊張などの精神的緊張に関連している可能性があります:腸寄生虫病:腸寄生虫によって産生される毒素は神経を刺激し、神経を興奮させ、歯を研削する;消化機能障害:夜食が満腹で、睡眠中に腸内に多くの食物が蓄積され、胃腸の負担が重すぎる、歯を研ぐ; 栄養バランス:野菜を好みません子供を選ぶ、カルシウム、リン、ビタミン、微量元素の不足を引き起こす。 顔面噛む筋肉の不本然とした収縮は、歯の成長と発育不全を引き起こす:歯の置換中に、小児がくる病、栄養失調、先天性個々の歯の欠損を発症した場合、歯の発育不全、上下の歯の接触は、不均一な噛み合い、また、夜間の歯磨きの原因である。

0